ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

関西を盛り上げたい 江戸っ子コンビ

相師相愛 vol.05
駒村純一×藤岡幸夫

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。第5回は、関西を拠点に活躍する経営者と指揮者ふたり。

俺たち江戸っ子

  • 森下仁丹 代表取締役社長
    駒村純一(左)
    1950年生まれ。慶應義塾大学卒業後、三菱商事入社。同社イタリア事業投資先Miteni社長を経て、2003年森下仁丹へ。06年より現職。会社をV字回復に導く。

    関西フィルハーモニー管弦楽団 首席指揮者
    藤岡幸夫(右)
    1962年生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国王立ノーザン音楽大学指揮科に入学。関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。公式HP:http://fujioka-sachio.com/

藤岡 関西の慶應OBの集まりで「中等部出身の人がいるよ」と教えてもらったんです。関西では珍しいので。付き合いはもう10年以上になりますね。

駒村 関西フィルを盛り上げようという挑戦で必死の頃だったね。気持ちが先走って言葉がついてこないくらい熱かった(笑)。

藤岡 何もかもが東京一極集中って、おかしいじゃないですか。なんとか、それを変えたかった。それが使命だと思っていました。

駒村 東京にいれば、あんなに無理をしなくてもよかったろうに。でも、僕も大赤字だった大阪が本社の危ない老舗を選んだ男だから、親近感が持てた。

藤岡 しかも、お互い東京生まれ東京育ちの江戸っ子で(笑)。

駒村 苦しいところから飛んだり跳ねたり、同じようなリズムできたかもしれないね。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=上阪 徹 Photograph=関 竜太

*本記事の内容は16年10月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE6月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION