ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

海の家が育む「湘南カルチャー」の変遷

最新湘南ライフ。
最先端カルチャーを生む湘南コミュニティ

都会的文化と自然が調和し、独自の文化が生まれ育つ湘南エリア。海の家を発信基地として広がる湘南カルチャーは、少しずつカタチを変え、世代から世代へと受け継がれていく。

ブルームーンは葉山の間材竹で建てられる。立ち上げ当時からエコの意識を受け継ぐ。

海水浴客でにぎわう逗子海岸を縁どる国道134号線から道1本裏手に、『シネマ・アミーゴ』はある。わずか22席のミニシアターだ。民家を改装した素朴な佇まい。ランチタイムからオープンする小さなカフェ・バーも併設している。ところどころ修繕して営業をしているのだろう。かすかな木屑の匂いが鼻をくすぐる。

劇場のオーナー、長島源さんは1990年代から湘南カルチャーの変遷を体験してきた。

「60年代から湘南にはミュージシャンや作家が数多く暮らしています。海があり、山があり、時間がゆっくり流れていて、創作には抜群の環境だからでしょう。都心へ1時間というのもほどよい距離です」

長島さんが湘南カルチャーに濃密にかかわったのは97年から。葉山の一色海岸に兄、太郎さんが開いた海の家、『ブルームーン』の立ち上げに参加した。

店内で定期的にライブを開催。今年はキセル、千尋などが出演した。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=神舘和典

*本記事の内容は16年7月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)