ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

中田英寿、ゴルフでトッププロへ挑戦

中田英寿 ゴルフでトッププロへ挑戦することの意義

ゴルフを始めた頃から、中田さんはどんなスポーツをする時でも、自分には「遊び」というものは存在しないと話している。分野は違えど、トップアスリートだからこそわかるその筋のトッププロのレベルとはどれほどのものかは自身がわかっている。ただ、高いレベルでプレーすることを目指し、プロに一矢を報いることができればという思いでこのマッチに挑んだ。挑戦し、そこから何かを学ぶことこそが中田さんのスタイル。ドライバーを使わない理由は、ドライバーを完璧にマスターするにはかなりの時間が必要だと考えているから。プロゴルファーを目指すわけではないが、そのレベルのゴルファーと対等に戦うためにはドライバーに練習時間を割くよりも、アイアンの精度を高めた方が戦えると考えたからだ。ゴルフは確率のスポーツと言われるが、中田さんはスコアを出すために当たり前の選択をし、一瞬でも片山プロを本気にさせたのは事実だ。

「1カ月もの合宿をし、ゴルフに限ったことではないですが、やはり練習量が最も大切だと改めて感じました。自分がどのように練習に向き合うか、どのように考えて練習するかで結果は大きく変わってきます。さらに練習を積んで、また挑戦したいと思います」。



■関連記事
──中田英寿がゴルフにハマり続けている理由
──やっぱりアスリート マインド・ゴルフが愉しい! 中田英寿 本気ゴルフ
──中田英寿がゴルフに初挑戦

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=出島正登

*本記事の内容は15年5月取材のものに基づきます。

NOW ON SALE GOETHE GOETHE5月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION