ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

堀江貴文氏が始めたグルメアプリ

デジタルな食通の間で大ブレイク中!「TERIYAKI」未来への野望

1年365日・毎日外食派の堀江氏が始めたグルメアプリ「TERIYAKI」。その存在意義とビジョンを聞くとともに、取っておきの「旨い店」を堀江氏と、ワイン通キュレーターとして参画する森 美樹さんに紹介してもらった。

2013年11月のサービス開始から2年が過ぎ、グルメアプリ「TERIYAKI」は、次々と新サービスを提供し、成長を続けています。そもそもこのサービスが生まれたきっかけは、僕自身が常に周囲にいるグルメな達人たちに「美味しい店を教えてほしい!」と聞き回っていたから。ひどい場合には「メシの相談しか連絡したことがない」友人もいたほどです(笑)。でも、それなら達人たちのレビューをまとめれば多くの人の役に立つ、と思いついたのが発端でした。

その「TERIYAKI」の核のひとつが、厳選したキュレーター"テリヤキスト"による店紹介です。彼らは年間に少なくとも500食以上は外食する「食べるプロ」。店や料理人に対するリスペクトも持っています。僕は、食に対して経験値にかかわらず、誰でもコメントや店評価を書きこめる「食べログ」のようなCGM(消費者生成メディア)に少し懸念があって。時にそれが良店を潰す一因になるようでは、真に消費者と飲食業のためにならないと考えているんです。その点、「TERIYAKI」の情報源は信頼性が高い。それが食通たちに支持される理由だと感じています。

今後はさらに、英語版も拡充していく予定です。これはオリンピックで増加する来日外国人に、本当に美味しい日本のレストランを紹介したいから。キュレーターの多くは日本をベースにする日本人ですが、それもやはり、これだけレベルの高い飲食店が集まる日本を理解した人でないと、本当の店の評価はできないと考えているからです。

将来は、プロの料理人向けのサービスも構想中。ますます活発に情報を発信していきます。今回はそんな僕の日々のレストラン探求のなかから、選りすぐりの5軒を紹介しましょう!

  • Takafumi Horie
    1972年福岡県生まれ。「TERIYAKI」ファウンダー。旨いものを食べるのが至上の喜びで、世界中の「訪問予定レストラン」リストは常に100軒以上もある。店は当日決めたいタイプ。

強者キュレーターもズラリ

Let's Try TERIYAKI これが進化形グルメアプリだ!

堀江氏を中心とする食の賢人、テリヤキスト30名が全国各地と世界の「最高に美味しい店」を厳選・紹介する、キュレーショングルメアプリ「TERIYAKI」。高級レストランだけでなく、B級グルメや地方店に強いキュレーターも揃う。今後はネットで情報検索から店予約まで完了する仕組みも創設予定。すでに「ホットペッパー グルメ」と提携し、約100店舗でサービスを開始した。

DATA

「Google Play」「App Store」にて無料でダウンロード可能。有料会員(月額¥480)になると、GPS機能を駆使したエリア検索などもできる。
http://teriyaki.me

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=木原美芽 Photograph=岡本 寿、富澤 元、上田佳代子、中庭諭生、菊池陽一郎

*本記事の内容は16年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)